ペットとママの森小屋。

東京都府中市でアニマルコミュニケーション,ペットヒーリング,ペット東洋医学(中医学)

自然治癒力っていうのか・・自然体な動物の体はすごいなぁ

ブログ更新時にプッシュ通知をお届けします。 2クリックで登録も簡単(*^^*) 読み逃してもなんら支障のないブログですが(笑) たまには役立つ記事も書きますのでヨロシクおねがいします(^_-)-☆

急に暑いですね・・(*´Д`)

 

暑がりな姉ちゃんパピヨンはネネは(*´Д`)ハァハァ ※床に直寝

 

寒がりな仔犬テリアMIXのモモコは快適(*‘∀‘) ※相変わらずヨガポーズ寝

 

そして飼い主キノシタは段階を吹っ飛ばしていきなり半袖です(*‘∀‘)

 

 

さて、姉ちゃんパピヨンのネネの乳腺腫瘍の手術も無事おわり一ヶ月・・

 

皮膚もキレイでかさぶたもほとんど取れた(*^^*)

 

そろそろトリミングを予約しようか!

 

暑いしカットもしたい!

 

が、しかーし!!

 

新たな問題が・・・それは

 

 

患部から糸が1本出てるぅ~、なんじゃこりゃ~(*´Д`)

 

”(ちゃんと抜糸したはずなのに)かさぶたの下にあって気づかなったのか?!”

 

”いや、でも(飼い主も)毎日見たり触ったりしてたのに?!”

 

”半分以上かさぶた取れたときもこんなのなかったよなぁ~?!”

 

”まさか手術とは全く関係ない糸が何らかの事情で皮膚に刺さっているの?!”

 

”でも場所が手術跡の部分だしなぁ・・・”

 

と、飼い主も(*´Д`)????の唐突な胸から糸・・

 

5㎝くらいのがひょろ~と1本、出てる。

恐る恐るちょっと引っ張てみたけど明らかに皮膚に埋まっていて取れない・・。

 

で、またまた病院へ。

先生も、

”ん??”(縫っている糸と違う・・)

詳しく見せてとネネ病室の裏へ・・

 

その結果・・出ていた糸のようなものの正体は・・・

 

 

皮膚の外側を縫った糸じゃなくて

 

内側を縫ったほうの糸( ゚Д゚)!!!(自然と溶けてなくなるっていうやつ)

 

つまり本来は体内にあるはずのもの!!

 

今回、何故それが皮膚を突き抜けてひょろと出てきたかというと

 

 

(ネネの)体内に糸がある状態を・・

 

(ネネの)体が糸を異物と認識し・・

 

(ネネの)体が外に出そうという働きをし・・

 

(結果)出てきちゃった(ー_ー)!! 

 

という、ことがあるらしい。

(でも結構レアというか稀なケースらしいです)

 

先生『私も若かりし頃に手術したとき出てきたのよ、稀なケースだと言われたけど』

 

飼い主『人間でもあるんですね?!悪いことではない??自然治癒力的な??』

 

先生『(うん)・・的な。稀だけど人間でもあるある』

 

飼い主『生き物ってすごいですね。自然治癒力っていうか(ネネ)野性的だ!!』

 

ネネ『ワイルドだろ~!!(っていうか早く帰りたいんですけど~)』

 

先生『体内の糸が完全に溶けるまで半年くらいかかるから。それまで出てこないか良くみておいて出てきたらまた取るので連れて来て下さい。(大きな問題はないけど)糸が出っ放しだと衛生的にもそこからなにか感染したりする心配もあるので』

 

飼い主『(そうか、糸が完全に溶けるまで半年・・)』

 

ネネ『(糸が出たら・・また病院( ;∀;)』

 

と、まぁ糸が溶けるまでは半年かかるらしいが

謎は解けたのでホッとした飼い主です(*´Д`)

 

しかしネネ、唐突に糸出てきたら飼い主はびっくりだよ!

 

これって自然治癒力っていうのか・・

まぁ体に不自然なもん入っているんだから

本来の力が働いてるってことで考えたらネネの体はフルパワーで自然な状態なのかもしれない。

動物の体って(人間もだけど)良く出来ている。。

 

良いようにとれば、恐るべし排出能力!!

 

ネネ、そんなところで発揮しないで是非ガン細胞を排出するのに使ってくれ!!

 

飼い主『出たらまた病院だしね!!(ー_ー)』

ネネ『・・チーン*1

 

とりあえず”糸は半年くらいで溶けてなくなるからね”って

ネネの体に交渉してみます(笑)

 

※人間でも稀にあるらしいのでもし手術をした後に皮膚から糸が出てきてもみなさん慌てないで病院で取ってもらってくださいね(*‘∀‘)

 

www.dogowner-health.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*1:+_+