ペットとママの森小屋。

東京都府中市でアニマルコミュニケーション,ペットヒーリング,ペット東洋医学(中医学)

アニマルコミュニケーターへの道 4歩目。。

こんにちは~アニマルコミュニケーター目指して勉強中の和美です。
先日は体調感知(体内スキャン)の勉強を。。

体で受け取るのはレイキの時も結構やっていたので(結構敏感体質なんですかね~)意識あわせると結構簡単に取れます。。
ただし私が健康な時(^_^.)インフルエンザとかでグダグダなときはやっぱり無理ですね。腰が痛いときもあるし生理とかもあるので普段と違う状態の時はどうやって体感するかも課題です。

自分の体調の悪さか(痛みとかコリとか)相手のものなのか、をどうやって区別しているかというと。。上手くいえませんが、痛みとかコリとかを何かでコーティングしてまるめたものがポイって私の体の同じ部分に突然入ってくる感じ(^_^;)
だから痛いとかではなくぼんやり冷静に感じているしすぐに抜けるので大丈夫です。。
私はレイキだけのときは手のひらとか足とかあんまり感じなかったのですがそこらへんも出来るようになりました!(うーん、尻尾はどうだろう。。いまのことろわかんない)だんだん順調に体がエネルギーを受けやすくなってきてはいるのですが、、うっかりすると受け取らなくて良いものまで受け取ってしまうので気をつけなければ!
わたしは普段事務仕事しているのですが、みんなの健康診断の結果を更新するのでじっくりみていたら1人づつ受け取ってしまうみたいな(~o~)まぁ害はないので良いですがさすがに10人目とかちょっと疲れる。。なので普段はオフにするように心がけています、それでもたまーに親しい人とかは入ってくることはありますが。

あとは受け取るのは簡単でもそれを飼い主さんにどうお伝えするか、も難しいです。
それも課題だなぁ・・自分のとったものが100%正しいわけじゃないし、伝え方によっては無駄に心配させちゃうことにもなりかねないし。。
まぁ皆さんペットさんの体調はいつも気になるところですよね。(私もいつも気にはしています)
私がACやレイキで学んで一番実用的なのはやっぱり体調感知出来るところです。
病院に行くほどでもない(病院電話して連れてこなくていい!神経質になりすぎないで様子みて的なこと言われた時とかね)多分先生の言うことはもっともなんです(^_^;)、でもやっぱり心配だしどこがどの程度不調なのか気になってしまう。。
そんな時、自分の体で受け取ると『あ~やっぱり膝がちょっと痛いのね~』とか。
じゃあちょっと温玉で温めてレイキしとくか!みたいな落ち着いて対処出来る、私が落ち着いているとワン達も落ち着いているという良い流れ。。
(やっぱり飼い主の心とペットの心はリンクしてるよ、心配性すぎるのもちょっと反省した。。)
ACやレイキ勉強してると自分自身の向き合わなきゃいけない点が浮き彫りになってきくる!ということを日々実感させられる日々です。。

久しぶりにツーショット、ミッキーネネ。。